【ワーホリ】オーストラリアのポテトファームで働く

現在オーストラリアでワーホリ中・またはこれからいく予定の人で、ファームジョブで稼ぎたい人はたくさんいるかと思います。

オーストラリアのファームは稼げるって聞いたことあるけど、何のファームが良いか分からない

このように、どこへ行けば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事で分かること

西オーストラリアのポテトファームで働いてみた!

  • ポテトファームでの仕事内容
  • どれくらい稼げる?
  • 実際に働いてみた感想

 

私は実際に、2年間ワーホリでオーストラリアに滞在し、ポテトファームでは約4ヶ月半働いていました。

この記事では、ポテトファーム仕事内容・実際に働いてみた感想・向いている人などをご紹介します。

Q&A オーストラリア留学 よくあるご質問

ポテトファームで働く

わたしは2年間オーストラリアに滞在していて、そのうち4ヶ月半ポテトファームで働いていました。

ポテトファームと聞くと「手で芋を掘っていくのかな」というイメージを持つ人もいるかと思いますが、実際はトラクターに牽引される機械に乗って作業をしていました。

幼稚園の頃にやっていたような芋掘り大会のイメージとは大きく違います。笑

オーストラリアではほぼファーム生活をしていたので、他のファームの仕事内容を知りたい場合はこちらの記事もどうぞ。

参考:【ワーホリ】西オーストラリアのトリュフファームで働く

西オーストラリア

わたしがファーム生活をしていたのは、西オーストラリアの南の方にある小さな田舎町です。ワーキングホステルに滞在しながらオーナーに時給のファームを紹介してもらっていました。

ファーム以外は何も無いと言っても過言では無いくらい遊ぶ所もありませんでしたが、自然いっぱいで日本では経験できないようなことばかりで、毎日が刺激的で充実していました。場所の詳細が知りたい方は連絡フォームから。

オーストラリア東側に行く人が多いですが、自然が好きな人ならWA州は本当におすすめですよ。

参考:【オーストラリア】ワーキングホステルの特徴と探し方

関連:ワーキングホステルのレントやメリット•デメリットを紹介

ワーホリ中は必要不可欠なツール

広いオーストラリアでの移動手段の1つである飛行機。複数のフライトをチェックして、お得に航空券を購入しましょう。
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

職場はどんな感じ?

職場で働いているのは、ファーマーとその子供・地元のおじさん・バックパッカーが主でした。

夏休みを利用して働きにくるオーストラリア人の学生の女の子もいたりと、ローカルな雰囲気を味わえる環境でした。

 

どれくらい稼げる?

わたしが働いていたファームではオーストラリアの最低時給でしたが、週5の1日8〜8.5時間(たまに残業有り)だったので安定して稼ぐことができ、貯金も満足にすることができました。

基本的にポテトは時給のところが多いと思いますが、ファーマーやワーキングホステルのオーナーに確認を取っておきましょう。

 

シーズンと服装

/画質悪すぎてごめんなさい\

ポテトファームのシーズンは夏〜秋の頭までです。服装はファームジョブをする時のいつもの感じで大丈夫です。

基本は、トラクターが後ろに牽引する大きな機械に乗って作業をするのですが、その機械に屋根やカバーが付いているのと付いていないのとでは大きく労働環境が変わってきます。

屋根などのカバーがある環境なら作業しやすいのですが、機械によっては何も付いていないものもあります。

何も付いていない機械に乗る場合は、透明のゴーグル?のような目を土埃から守るものが必須です。

特に風が強い時は土が舞って前が見えなくなり、目に土や砂が入ってとても痛いので必ず用意しましょう。鼻にも入るので、マスクもあれば完璧です。

 

仕事内容

わたしが実際に働いていたポテトファームでの主な仕事内容は、下記の通りです。

  • トラクターに乗って、機械によって掘られたポテトとそれ以外(石や草)に分ける。
  • 機械にポテトが満タンになったらビンに移す
  • トラクターの清掃
  • スプリンクラーの設置・撤去作業。
  • プランティング
  • 古いポテトの芽を取る
  • 古いポテトのカット作業

*トラクターは基本ファーマーが運転。

状況や日によって仕事内容は変わってきますが、わたしが働いていたポテトファームでは上記のような仕事が主でした。

ポテトのシーズン中は1日中トラクターに乗って作業するというのが毎日続きます。

 

仕事自体は簡単

上記にまとめた仕事内容を見てもらえれば分かると思いますが、仕事内容は特に難しくなくむしろ簡単な方です。

1日中同じ作業をするという所さえ我慢できるのであれば、ポテトファームはとてもおすすめです。

同じポテトでもファームによって仕事内容は変わってくると思うので、1つの参考程度に!

 

人数体制は?

人数は一台のトラクターにつき3〜4人体制で作業をします。役割がそれぞれあるので、4人がちょうど良い人数かと思います。

基本は牽引される機械に乗ってポテト以外の石や草・ゴミを取り除く作業です。

  1. 大きい石や、自分1人で間に合うものは全部取る。
  2. 1人目で取りきれないものを取っていく。
  3. レバーでラインの速さを操作しながら、後半の取り残しを担当する。
  4. 最後の仕上げとして、取り残し0にする。

1番のポジションが一番きつく、腰・背中が痛くなります。

全員が全てのポジションで作業をするように4人で交代しないとまじできついです。

 

実際に働いてみた感想

ポテトファームでの仕事内容は簡単なので、とっても楽です!笑

ただ、ライン作業でずっと同じことを繰り返す仕事が苦手な人はきついかもしれません。コツコツと地味な作業を続けられる人にとっては楽なのでおすすめです。

ただ作業中は土埃がすごいので、顔などが土で真っ黒になります。そもそも外作業で汚れるのは嫌という方はファームジョブ自体おすすめしませんが、他のファームジョブより黒く汚れる仕事なのでそこだけ気にならなければ良い仕事だと思います。

 

おすすめ・向いている人

ポテトファームで働くのがおすすめな人・向いている人を以下にまとめました。

  • ライン作業が苦にならない人。
  • 外作業が大丈夫な人。
  • 砂埃などの汚れが平気な人。
  • チームワークなので海外のバックパッカーたちともコミュニケーションがきちんと取れる人。

すでに、様々なファームジョブを経験したことがある人にとっては、ポテトはとても簡単だと思います。

ただ、3〜4人体制での仕事なので一緒に働く人がサボりがちだと周りがサポートしなくてはいけません。

簡単な仕事と言っても、一人一人がきちんと作業をしないと結構きついです。

相手がきちんと働くように上手く伝えたりコミュニケーションがとれるくらいの英語力はあった方が良いです。

海外留学・ワーホリに行くまでの準備期間はワクワクと不安でいっぱいですが、実際ワーホリ・留学前に英語を勉強しておかないと、現地での生活は決して楽ではありません。

海外生活を楽しく充実させるには、日本にいるうちに英語に慣れておかなければならないと言うことが身に染みました。

まずは家で英会話の練習をして自信を付けることが大切。安心でコスパ良しのオンライン英会話ならココがおすすめです。

\関連記事をチェック/

【ワーホリ】西オーストラリアのトリュフファームで働く

【オーストラリア】ワーキングホステルの特徴と探し方

ワーキングホステルのレントやメリット•デメリットを紹介

【ファーム生活】日本人ワーホリ女子の1日の流れ

【オーストラリア】体力無い女の私がファームジョブにハマった理由

コメントを残す